横浜の水槽レンタル・メンテナンス                             アート水槽で人と会社に潤いを!

横浜の水槽レンタル【スペースデザイン】では「アート水槽」をキャッチフレーズに公共施設や会社や店舗、一般家庭などに観賞魚の水槽をレンタルしています。一級建築士事務所の新規事業なので設計や空間デザイン、耐震施工などの点で特長があります。お気軽にご連絡ください。

横浜市西区平沼1-40-9パークハイツ横浜909

電話番号045-313-0309  電子メール

最新水槽ブログ記事

水槽メンテナンスに関するブログを更新しています。ご覧ください。

横浜の水槽レンタル

 人に対して少しでも癒しや安らぎを感じる生活を送ることができる場を提供できる会社(事業部)にする。

 

 この会社(事業部)を作るにあたり二つ理由があります。

 

 一つは幼少の頃から海の近くに住み水槽のある場で育ったこと。

 

 二つ目は現在日本人の年間労働時間が残業含め約1800時間と長時間労働となっており、その中で鬱・パワハラなどにより精神的な病にかかる方が年々増えています。2011年調べでは精神疾患者の総数は320万人にも上ります。日本がいかにストレス社会であるかがわかります。水槽を置くことによってこのストレスを軽減させたいという思いからです。

 

 実際に国立法人大学岐阜大学と株式会社ジェックスを中心とした研究チームにより水槽を見た時の脳の状態の研究が行われています。そして、水槽を見た時のストレスの軽減・リラックス状態であることが実証されています。

 

アクアリウムのプロとして常に情報を収集しております。

セレクト水槽ブログ記事

横浜のスペースデザインでは、毎日ブログにて介護施設・公共施設・飲食店等が水槽を設置した事例を紹介しています。水槽ブログ記事の中でこの季節お勧めの記事をセレクトして掲載させていただきます。

油膜は、白っぽい膜が水面を覆ってしまい、水草水槽の景観を悪くしてしまいます。油膜が発生する原因としては3つあります。1つ目がタンパク質成分によるものでトリミング後などに発生します。2つ目は脂肪分によるもので脂肪分の多い餌を使っていたり、餌の量が多かったりした時に発生します。この2つは粘り気がある油膜です。3つ目は鉄バクテリアによるもので水槽内の環境が悪くなると発生します。この油膜は、そこまで粘り気がなく、触ると割れます。 油膜の駆除方法としては、水流を水面に向け、水面を波立つようにしたり、餌を変えてみたり、減らしてみたりすることです。新聞紙などで取ってしまうのも良いです。3つ目の油膜に関しては水槽内に必ずある物質なので完全になくすことは難しいです。薄い膜であれば殆ど害があることはありません。膜が厚くなっている場合は水槽内の環境バランスが崩れてしまっている状態です。 当社においても相談を随時受け付けております。

>>続きを読む

水槽の暑さ対策の時期についてです。


夏になると水温が上昇しすぎて全滅してしまうことがよくあります。詳しい暑さ対策については、2014年6月6日に書いた記事「夏場の水槽管理、暑さ対策」をご参照ください。さて、暑さ対策を始める時期についてですが、みなさんはいつごろしていますか?夏に入る直前の6月にやっている方が多いと思いますが、それでは遅いんです。水槽の水温は、水槽の大きさにもよりますが、外気が20度を超えるこの時期から徐々に上がってしまうことがあります。


早めに夏の暑さ対策を行い、夏を乗り切りましょう♪

>>続きを読む

水槽レンタル

アクアリウムのことなら何でもお問い合わせ下さい。

注目情報

Aquarium

happy aquarium

home aquarium

Aquarium of long-term care facility

Eateries aquarium

 

Hospital of aquarium

美しいアクアリウム・水槽をご覧ください♪

横浜の水槽レンタル ブログ

不老不死と海月
おはようございます、横浜の水槽レンタルのスペースデザインです。今日は横浜市の歯医者の水槽メンテナンス、横須賀市の病院の水槽メンテナンス2件、横須賀市の介護施設の水槽メンテナンスを行います。 今日は海月(クラゲ)についてです。 中秋の名月。旧暦では、7、8、9月を秋としており、その真ん中の8月15日を中秋としていましたが、現在の暦では今年は9月15日でした。文字通りの15夜お月さんを眺めた方もいらっしゃったかと思いますが、月と言えば日本最古の物語であります竹取物語が有名ですね。この物語はかぐや姫が月に帰って終わりではなく、帰り際に不死の薬を帝におくり、それを姫がいないから必要ないと駿河の山(のちの不死=富士)で燃やした―と、ざっくり書くとこんな話の結びでした。1000年以上も前から不老不死というテーマを取り上げていたことには改めて驚きを覚えますが、海の生物の中にはベニクラゲという不老不死といわれる海月がいるのはみなさんご存知だったでしょうか? ▲ベニクラゲ というわけで、次回のブログではその生態を少しご紹介できればと思っております。 【このブログの中の「クラゲ」に関する記事一覧】 【病院に水槽を設置したい方へ】 優雅に泳ぐ魚が患者さんの病気の不安を和らげてくれます。是非一度水槽を設置してみませんか?水槽設置に少しでも不安があるようでしたらお気軽にスペースデザインにメールをください。 株式会社イケ建築事務所 スペースデザイン事業部では事業拡大につき、スタッフを募集しております。魚が好きで、人のためになる仕事が好きで、商売は「笑倍」という考えに共感できる方はぜひ応募ください。詳細は以下に連絡をいただければと思います。 横浜の水槽レンタル スペースデザイン http://www.art-aquarium.jp/ 取締役事業部長 池谷 佳朗 〒220-0023 横浜市西区平沼1-40-9ハイツ横浜909 tel 045-313-0309 メール naturally-for-healing@ike-mare.jp 水槽メンテナンス情報掲載 アート水槽のfacebookページ My company will go to the maintenance of the aquarium in your home. Please feel free to e-mail.
>> 続きを読む

オスが出産する海の生き物
こんばんは、横浜の水槽レンタルのスペースデザインです。今日は横浜市のアミューズメント施設の水槽メンテナンス、横浜市の病院の水槽メンテナンス、横浜市の保育施設の水槽メンテナンスを行いました。 今日はタツノオトシゴについてです。 今日はオスが出産するタツノオトシゴの動画を見付けたのでご覧ください。 ▲タツノオトシゴの出産 オスのお腹には育児嚢(いくじのう)という袋があり、こちらにメスが卵を産み、大きくなったオスのお腹から出産がなされます。最上級のイクメンといったところでしょうか?笑 彼らは一夫一婦制で、その夫婦仲の良さより昔から「夫婦円満」や「子宝」を象徴する生き物とされています。カップルが誕生すると2匹の姿がハート型に見えたりするのも素敵ですよね。愛を感じるアクアリウム、みなさんのところにも置いてみませんか? 【このブログの中の「タツノオトシゴ」に関する記事一覧】 【介護施設に水槽を設置したい方へ】 優雅に魚が泳ぐ水槽を眺めると施設で働く方や入居してる方にとって様々な癒しの効果が期待できます。是非一度水槽を設置してみませんか?水槽設置に少しでも不安があるようでしたらお気軽にスペースデザインにメールをください。 株式会社イケ建築事務所 スペースデザイン事業部では事業拡大につき、スタッフを募集しております。魚が好きで、人のためになる仕事が好きで、商売は「笑倍」という考えに共感できる方はぜひ応募ください。詳細は以下に連絡をいただければと思います。 アート水槽 スペースデザイン http://www.art-aquarium.jp/ 取締役事業部長 池谷 佳朗 〒220-0023 横浜市西区平沼1-40-9ハイツ横浜909 tel 045-313-0309 メール naturally-for-healing@ike-mare.jp 水槽メンテナンス情報掲載 アート水槽のfacebookページ My company will go to the maintenance of the aquarium in your home. Please feel free to e-mail.
>> 続きを読む